よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛と腰痛の違い

坐骨神経痛と腰痛の違い

お尻・足の痺れは坐骨神経痛が原因

坐骨神経痛と腰痛はどちらも病気の名前でなく症状の名前になります。
腰痛は、腰の周りのみに痛みや重苦しさがあるのに対し、坐骨神経痛はお尻から太ももなどの足にかけても痛みや痺れがでます。坐骨神経痛は時に腰痛も同時に表れることがあるので区別がつきにくくなることもありますが、お尻や足の痺れなどの症状もあれば坐骨神経痛と考えてよいでしょう。

腰痛の特徴

腰痛は、長時間にわたり同じ体勢でいたりすると筋肉がこわばるなど緊張し、痛みとして感じることもあります。
また腰に良くない姿勢で長時間いたり、それが習慣化されてしまうことで、腰を支える筋力が落ち腰痛を引き起こすことがあります。

腰痛は、どんよりと重たい感覚やだるさが背中から腰にかけて全体的に広がる感じがし、腰の曲げ伸ばしがつらくなることがしばしばあります。

坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛は、腰の痛みも同時に起こることもありますが、腰痛と共に、お尻や太ももまで痛みや痺れが生じたり、足の突っ張り、電気が走るような痛み、感覚が鈍いなどといった症状が出ることがあります。
痛みも、片側だけだったり両側だったりします。

例えば、寝ていて足を伸ばすと痛みが増す、座っているときの方がつらいなど体勢によっても痛みが変化します。
坐骨神経痛だけ症状が出ることもありますが、腰痛を伴う坐骨神経痛もあると考えた方がわかりやすでしょう。
腰痛も坐骨神経痛も症状が起こる原因は様々ですが、椎間板ヘルニア、腰部脊柱間狭窄症などの同じ原因から症状が起こることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。