よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛の予防対策

坐骨神経痛の予防対策

痛みの緩和にはストレッチが有効

坐骨神経痛は毎日の生活で適度な体操やストレッチをすることで予防することができます
背骨や椎間板を支えている筋肉の疲労をとり、緊張を緩和することで筋肉を柔軟に保ち血液の流れをよくします。
そのためには日々の体操やストレッチが有効になります。

ストレッチの効能とは

自分では知らないうちに足を組んだり、歩き方に癖があったり、立つ時にも真っ直ぐ立たずに片足に体重をかけて立つ、寝るときは横を向かないと眠れないなど、人は日常生活の中で色々な癖を繰り返しています。
そういった動作が、片側のみの筋肉を使い、筋肉を緊張させ体をアンバランスにします。

また、毎日の仕事でパソコンなどのデスクワークや、重い荷物を持つなど腰に負担のかかる仕事についている場合は、体の同じ部分に負担がかかりやすくなっている可能性があるので、坐骨神経痛の症状が出る前に負担を軽減させるとよいでしょう。

1日数回のストレッチや体操をすることで筋肉のこりをほぐしてくれます。
そして大切なことは、日常生活で正しい姿勢を保つことです。正しい姿勢は腰や背骨の負担を軽減させます。
その他に、肥満などからくる腰への負担、寝るときに腰が沈んでしまうような柔らかすぎる寝具をさける、高いヒールの靴をはかないなどが挙げられます。

発症後は安静にする

しかし、いったん坐骨神経痛が発症した場合には、マッサージやストレッチなどをすることで症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。
痛みや痺れが出たときは、まず安静にして早めに整形外科に受診をするようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。