よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛と姿勢との関係

坐骨神経痛と姿勢との関係

正しい姿勢とは

坐骨神経痛にならないため、または坐骨神経痛になったとしても正しい姿勢でいることは腰の負担を和らげるためにも大切なことです。正しい姿勢とは、真っ直ぐ立ったときに、横から見ると背骨はゆるいS字を描いています。
首の辺りが少し前、胸の辺りが後ろ、腰が前、お尻の部分が後ろになっています。真っ直ぐではないのですね。

このS字カーブは体のバランスをとり、外からの衝撃から背骨を守る働きをしています。
背骨が曲がっていたり、悪い姿勢で過ごしていると骨や筋肉に負担がかかり腰痛や坐骨神経痛を招きます。

同じ姿勢を長時間続けないようにする

デスクワークなどで上半身が前に傾いているとき、背骨はよいS字を保っていません。
座っているときでも背中を真っ直ぐ伸ばすことでS字になります

しかし、S字の姿勢であっても長時間一定の姿勢でいることは、やはり体に負担がかかることになります。
同じ姿勢でいることは同じ場所に力がかかっていることになるので、痛みが出てくる原因になります。
時々は休憩し、背中や腰を伸ばすストレッチを行なうように心がけます。

ゆがみの軽減には仰向け寝が有効

これ以外にも、重い荷物を持ち上げる時は腰だけをかがめずに、膝を使って足全体で持ち上げる、腰をひねって物を取らない、座りながら下のものを取らないなど、腰を真っ直ぐにして物を持ち上げる、取るという動作をすることで坐骨神経痛を予防します。

また睡眠時も横向きで寝るよりは、仰向けで寝ることは背骨のゆがみを軽減します
まずは自分の姿勢のくせに気付き、その姿勢をしないよう意識することが坐骨神経痛の予防につながります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。