坐骨神経とは

末梢神経の一種

坐骨神経とは末梢神経のうちの一つで、太さ長さ共に末梢神経の中では一番です。腰の背骨(第4、第5腰椎)とでん部の背骨(第1から第3仙骨)から出たいくつかの神経が一つの束となって坐骨神経になります。

その坐骨神経は、骨盤をくぐり抜けお尻の筋肉から出て、太ももの裏側、膝の裏側をとおり、膝の裏側で二つに枝分かれして足の先までつながっています。長さ約1メートル、太い部分では直径約2mm程度あるとても重要な神経です。

下半身の動作を司る神経

坐骨神経の働きは下半身の運動です。日常生活で動かす下半身の全ての信号がこの神経を通って伝達されます。

例えば、歩く、走る、立つ、座る、足の指や膝の動きにいたるまで、日常生活で何気なく行なっている動作は、脳から脊髄を通り、この坐骨神経に伝わりそれぞれの細かい動きの信号を出しています。
かゆい、熱い、冷たいなどの皮膚感覚に関してもこの神経が支配しており、下半身の感覚・運動に関しての要の神経といえます。

神経の圧迫が痛みの原因

これだけ長い坐骨神経なので、その途中のどこかで圧迫などの神経の刺激があると、その神経に沿った部分で痛みや痺れなどの症状が出てきます。殆どの症状は背骨から出る神経が椎間板ヘルニアなどにより神経を圧迫して症状が出ることが多いです。

坐骨神経はお尻、太ももの裏、ふくらはぎなど下半身全体に通っているため、背骨近くの神経の根元で何らかの刺激があるとお尻から足の指の先まで広い範囲にわたって症状が出ることが多く、日常生活に支障をきたします。
症状の出方や範囲はその神経の刺激のされ具合によって変わってきます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。