よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛の痛み・主な症状は?

坐骨神経痛の痛み・主な症状は?

主な症状はお尻から太ももにかけての痛み

坐骨神経痛は殆どがお尻から太ももにかけてくる痛みで、腰痛を伴うことが多いです。
しかし、坐骨神経の圧迫の範囲や程度によってはお尻、太ももの後ろ側だけでなく、ふくらはぎ、かかと、足首まで広がることがあります。

大抵の症状は下半身の片側のみに出ますが、両下半身に出ることもあります。
坐骨神経のどの部分で圧迫などされるかにより、症状の出る範囲や症状も違ってくるのです。
坐骨神経痛が起きている場合、腰部やお尻などの筋肉が緊張していることも多いため、坐骨神経痛にあわせて筋肉のこわばり、痛みなどの不快な症状を感じる場合もあります。

坐骨神経痛の痛みの感じ方は人によって違います。
「ある動作をするとビビーっと電気が走るように痛い」「いつも、ピリピリしている」「足がつっぱるように痛い」「痺れを超えて痛みになって感じる」などが挙げられます。

痺れの症状も特徴の一つ

坐骨神経痛の痛み以外の症状では、痺れが挙げられます。
痛み同様、痺れの部位も坐骨神経の圧迫されている場所や程度によって変わってきます。
痺れがひどいと、痛みとして感じることもあり、触ることもできないくらいになります。また、肛門まで痺れを感じたり、排尿障害、腱反射異常を伴う場合もあります。

症状の悪化で日常生活に支障が出ることも

坐骨神経は下肢の運動を支配している神経なので、その神経が圧迫されれば、歩く、座る、姿勢を保つといった動作の制限につながります。痛みや痺れも動作や姿勢によって増強することもあり日常生活に支障をきたします。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。