よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について間欠跛行とは?

間欠跛行とは?

歩行時に痛み・痺れの症状が起こる

間欠跛行とは、しばらく歩くと腰から足に痛みや痺れが出てくるため歩けなくなり、少し休むと痛みがとれるためまた歩けるようになるということを繰り返す症状のことをいいます。

例えば、みんなと一緒に歩いているけれど痛みでついていけなくなった。
少し距離を歩くのに何度も休まないと歩けない。立って家事をしていると足が痛くなるなどが挙げられます。

腰部脊柱管狭窄症とは

間欠性跛行の原因には腰部脊柱管狭窄症を代表する神経性によるものと閉塞性動脈硬化症を代表する血管性の2つに分けられます。神経性でも血管性でも基本的に歩くと足が痛くなるという症状は一緒です。

腰部脊柱管狭窄症は、背骨の変形のために背骨の中を通っている神経や血管を骨が圧迫して痺れや痛みの出る病気です。そのため長く歩くと、血管や神経を圧迫し続けるために血液の流れが悪くなり痛みが生じるのです。

休むときはベンチに腰をかけたり、前かがみの状態になって休むと痛みが良くなります。
まっすぐ立っていても痛みは良くなりません。また前かがみの状態で乗る自転車などは長時間乗っても痛みが生じません。

閉塞性動脈硬化症とは

閉塞性動脈硬化症は、腹部や腰部の血管が詰まったり細くなったりしたために血液の流れが悪くなり、足までよく血液が流れず酸素が足まで回らないために痛みが生じます。
この場合、長く歩いて痛くなった足は休む体勢に関係なく、休めば痛みはよくなります。ひどくなると安静時にも痛みは続くことがあります。

また、血液の流れが悪いため足は冷たくなります。間欠性破行の場合、どうすると痛みが良くなるかによって受診する科も変わってきます。腰部脊柱管狭窄症は整形外科、閉塞性動脈硬化症は血管外科を受診します。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。