よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について気をつけたい、痛みを感じやすい動作は?

気をつけたい、痛みを感じやすい動作は?

痛みが出やすい動作

坐骨神経痛で痛みの感じやすい動作や症状の出方は、その原因となるものの状態により変わってきます。
また坐骨神経痛には急性期と慢性期とがあります

急性期の坐骨神経痛では、お尻、太ももの裏側、ふくらはぎなどの痛みや強い痺れを感じます。
前かがみになったり、おじぎをする、靴や靴下をはくなどといった前屈をとる動作で痛みを感じやすくなります。
また、椅子から立ち上がるときの動作で激しい痛みが出ることもあります。

その他、寝返りや寝るときに足を伸ばしたりするときなどに激しい足の痺れと痛みを感じることがあります。
長時間歩いたり、電車やバスを待って立ち続けていると痛みが増強するためずっと立っていることが困難になります。
ベンチや椅子に座って休むことで、その痛みは改善してきます。
神経を圧迫するような動作をしたときに坐骨神経痛の痛みを感じやすくなるのです。

痛みが治まる慢性期の症状

慢性期の坐骨神経痛では、急性期のときに感じた痛みが大分軽くなり、足の痺れや痛みを感じる動作も少なくなって症状も和らいできます。前屈など決まった動作で激しい痛みを感じていたのが、ほんの短い間の痛みに変わったり、電気が走るような激しい痛みが減ってきます。
また歩行や立つ動作の時間が急性期の時よりも長くできるようになります。

神経の圧迫を軽減することが大切

急性期の痛みや痺れなどの症状は辛いものです。
坐骨神経痛の痛みを感じるような動作をし続けることで症状が悪化することもあるので、まずは正しい姿勢を保ち神経への圧迫を少なくすることが大切です。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。