よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について狭窄型坐骨神経痛とは?特徴や症状など

狭窄型坐骨神経痛とは?特徴や症状など

腰部脊柱管狭窄症により引き起こされる

狭窄型坐骨神経痛とは、腰の背骨の神経や血管の通っている部分が何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫した場合におこる坐骨神経痛に対して言います。

この狭窄型坐骨神経痛の原因の一つに腰部脊柱管狭窄症が挙げられます
この疾患は50代以上の中高年の方に多い傾向がある疾患です。
加齢により骨粗しょう症などで骨がもろくなり背骨が変形したり、狭窄をおこすために坐骨神経痛となります。
高齢の方で、腰が曲がっている人を見かけることがありますが、背骨が加齢により変形したためになっている場合が多いです。

狭窄型の坐骨神経痛を自分でチェックする方法として、まっすぐ立った状態で上体を後ろに反らしたときに痛みや痺れが強くなるかどうかで判断できます。上体を反らして痛みが増加するのは狭窄型坐骨神経痛の特徴でしょう。

狭窄型坐骨神経痛の症状

狭窄型坐骨神経痛の症状としては、軽症のうちは太ももや足に痛みや痺れを感じる程度ですが、症状が進むと間欠跛行といって歩いているうちに足の痛みが強くなって歩けなくなることがあります。
何分か休むことで痛みが緩和しまた歩けますが、また痛みが出てくることを繰り返します。

その他、症状の悪化によって尿漏れなどの排尿障害が出ることもありますが、これは坐骨神経が排尿の機能をコントロールしているために起こる症状です。

医療機関での治療が必要

足に痺れや痛みがあり、排尿障害が起きたときは、加齢や前立腺肥大によるものと考えずに整形外科の受診を早めにし、適切な治療をする必要があります。
体操などで坐骨神経痛の改善をすることがありますが、高齢者の場合は骨がもろくなっている可能性もあるため急に運動を始めることは危険です。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。