よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について合併型坐骨神経痛とは?特徴や症状など

合併型坐骨神経痛とは?特徴や症状など

ヘルニアと狭窄症が併発した神経痛

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の両方が一緒に併発した場合におこるのがこの合併方坐骨神経痛です。腰部脊柱管狭窄症は上体を後ろに反らすと痛みが増強し、腰椎椎間板ヘルニアは上体を前に倒すと痛みが増強します。この両方を併せ持った合併型坐骨神経痛は上体を前に倒しても後ろに倒しても痛みが出るのが特徴です。

上体を前に倒すと椎間板などが飛び出してヘルニアが神経を圧迫し、上体を反らすと変形した背骨や厚くなった背骨の靱帯が神経を挟んで圧迫するのです。どちらに倒しても痛みが増強するため、動作にかなり制限がでてきます。
そして、痛みや痺れの症状が緩和することは容易なことではありません

どの体制でも痛みが出てしまう

合併型坐骨神経痛はどのような体勢をとっても痛みが生じるため、常に背中や腰の筋肉が緊張しています。
筋肉の緊張により、より痛みが増強することもあります。
日常生活では長時間立ち続けたり、腰を反らしたりかがめたりする動作を極力さけ正しい姿勢を保つようにします。

専門医での早期治療が必要

合併型坐骨神経痛は、狭窄型やヘルニア型坐骨神経痛と違い、そのまま様子をみて安静にするだけでは症状がよくならないことが多いため、早めに受診し適切な治療をする必要があります
いつか良くなるだろうと自己判断し、放っておくと排尿困難歩行障害が出ることもあります。

例えば、正座を長時間して痺れが出た場合、正座をやめたとしても痺れはすぐにはとれません。
これと同じで、ヘルニアや狭窄症などが原因で神経をずっと圧迫し続けることが続くと、たとえ手術をして神経の圧迫を取り除いたとしても痺れや痛みが完全にとりきれないこともあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。