よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因

神経の圧迫により起こる神経痛

坐骨神経痛の原因はさまざまですが、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされています。

最も多い原因は、腰椎椎間板ヘルニアで、約90%の坐骨神経痛はこれが原因です。
背骨の腰の部分にあたる腰椎で、腰椎と腰椎の間のクッションの役割をしている椎間板が飛び出してしまい、背骨の中を通っている神経を圧迫するために坐骨神経痛がおこります。

若年層の発症原因

若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。
腰椎椎間板ヘルニアは仰向けの状態で足を伸ばして足を上に上げようとすると、神経痛がひどくなるのが特徴です。ほとんどの場合、片側のみに症状が出ますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に見られることもあります。

高齢者の発症原因

高齢者では骨の変形によっておこる、変形性腰椎症腰部脊柱管狭窄症などによるものが原因で坐骨神経痛がみられることが多いです。これもまた、変形によって骨が坐骨神経を圧迫することで症状が出ます。
この他に、帯状疱疹でも坐骨神経痛を発症する場合があります。

その他、年齢に関係なく坐骨神経痛がおこる病気としては、脊髄腫瘍骨盤内腫瘍などが挙げられます。
腫瘍によって引き起こされる坐骨神経痛の場合は、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいのが特徴です。
坐骨神経痛と同じ症状でも、原因となる疾患はそれぞれで、原因疾患となるものによって治療方法も異なってきます。自己判断せずに、病院を受診し適切な治療が症状の改善にもつながります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。