よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛について坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛は、病気の名前ではなく症状のことを指しますその名のとおり、坐骨神経に由来する痛みです。
坐骨神経は、お尻から太ももの裏側を通り、膝の裏あたりで枝分かれしてふくらはぎへとつながっています。このように坐骨神経は下半身にある神経のため、お尻から足の指までの広範囲に症状が出ることが多いのです。

どのような症状が起こるのか

何らかの原因によって、お尻から太もも、足先までの範囲のどこかで坐骨神経が圧迫されると、神経に沿って痛みなどの症状が生じます。片側に症状が出ることが多いですが、圧迫の程度や原因によっては両側に症状が出ることがあります。痛み、痺れの症状がほとんどですが、ひどいときには排尿障害などが出ることもあります

その症状のために、歩く、座る、寝る、姿勢を保つなどの動作に制限が起こり、日常生活に支障をきたします。
痛みは「電気が走るように痛い」「ビリビリする」「張りがあるような感じ」と人により感じ方が違っています。
痛みはお尻、太ももなどのほかに、腰痛を伴うこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアが発症原因

坐骨神経痛の原因の約90%が腰椎椎間板ヘルニアです
その他にも、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など、いずれも坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫により症状がおこります。しかし、中には脊髄の腫瘍や骨盤内の腫瘍によって神経が圧迫されている場合もあるので、軽く考えず症状が出たときは病院を受診し、検査をした方がよいでしょう。
坐骨神経痛は若年から高齢者まで幅広い世代でみられる症状の一つです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。