よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法温熱療法

温熱療法

坐骨神経痛は保存療法で治療する

坐骨神経痛の症状に悩む人は、痛みを慢性化させたり、症状を悪化させたりする前に、早めに治療をしなければなりません。坐骨神経痛が重度の症状であるならば、手術も検討しなければなりませんが、そうでない場合は、保存療法で治療を進めることになります。

患部の血行を促進する温熱療法

保存療法のなかでも、定番なのが温熱療法です。温熱療法とは、簡単に説明すると、機械や道具で患部を直に温め、血液の流れを促進させることによって、しびれや痛みなどの症状を緩和させる治療法です。
整形外科などでは、次のような温熱療法を実施します。

まず、温熱療法で一般的なのが「ホットパック」を使った治療です。
治療で用いられる特殊な泥などを袋に入れたホットパックを熱湯などで温め、それをタオルなどに包んでから患部に直接あてて温めます。15分ほど患部を温めた後に、坐骨周辺を動かす体操をして様子をみます。

赤外線・マイクロウェーブを利用した療法

二つ目の一般的な温熱療法は、「赤外線を利用した療法」です。赤外線を含んだ温かい風を患部に直接あてて、患部の血管を拡張させ、血液の流れをよくします。赤外線は、血行を促進して痛みを緩和させる効果もありますが、筋肉のコリなどをほぐす効果もあるといわれています。
ただし、心臓病や動脈硬化、甲状腺機能亢進症を罹患している人には実施できません

三つ目の一般的な温熱療法は、「マイクロウェーブを利用した療法」です。
超短波であるマイクロウェーブを患部に直接あてることで、関節などの深部までを温めて、痛みやしびれを改善する治療法です。ただし、マイクロウェーブ療法は、体内に金属やペースメーカーなどの機器が埋め込まれている人に利用することができません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。