よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法マッサージ療法

マッサージ療法

症状の改善にはマッサージ療法が効果的

坐骨神経痛の治療は様々な方法がありますが、定番なのがマッサージ療法です。
マッサージ療法は日常生活においても馴染み深いものですが、実際に病院でも行われている施術方法です。

日本ではマッサージ師や指圧師として国家資格を有している施術者が、病院などで施術を行っています。
マッサージ療法は坐骨神経痛の原因にもよりますが、特に臀部や腰部、脚部の筋肉のコリや緊張をほぐしたり、不調を取り除いたりするのに効果が期待されています。

マッサージ療法はメディカルチェックが必要

坐骨神経痛の患者がマッサージ療法を受けるには、まず、病院でメディカルチェックを受けることになります
そこで、患部や痛み・しびれの原因、急性期・慢性期などの症状の度合いを特定してから、医師と相談をした上でマッサージ療法を検討します。マッサージ療法を受けることになったら、急性期のケースと慢性期のケースで、それぞれ異なる治療が進められます。

マッサージ療法が受けられないケース

ただし、メディカルチェックで次のような症状が見つかった人はマッサージ療法を受けることができなくなります。
それらのひとつが腫瘍です。メディカルチェック時に腫瘍が見つかった場合は、マッサージを受けることができません。
このとおり、坐骨神経痛の原因には腫瘍などの重大な疾患が関係している場合があります。

腫瘍以外にも感染症、骨の変形、急性期の外傷、炎症などが原因で痛む場合もあります。
そのため、坐骨神経痛の自覚症状がある人は、病院で必ずメディカルチェック受けるべきでしょう。
それらの症状を持っている人がマッサージ療法を受けると、症状を悪化させることもありますので、注意しましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。