よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法低周波電気刺激

低周波電気刺激

症状を緩和するリハビリ機器

坐骨神経痛の症状を緩和・改善させたりする治療方法は様々であり、医療施設により治療方法も異なります。
ある程度医療設備が整っている医療機関では、痛みやシビレなどを改善する様々なリハビリ機器が揃っています。
それらのリハビリ機器のうちで一般的なのが「低周波治療器」です。

血流を増加させる低周波治療器

低周波治療器とは、低周波電気刺激を患部に流して、筋肉の収縮を促進し、血流を増加させることによって、痛みやシビレを緩和させる治療機器です。血管内の発痛物質が洗い流されることにより、鎮痛効果があるとされています。坐骨神経痛以外にも末梢神経麻痺、変形性頸椎症、肩こり、腰痛症などの症状にも用いられます。

低周波治療器のなかには「干渉低周波治療器」と呼ばれる高度な医療機器もあります。
この機器は、2つの異なる周波数を患部に流すことが可能であり、2つの異なる周波数が体内で干渉波を生み出し、より大きな力で筋肉を収縮させることができます。
干渉低周波治療器を用いることで、通常の低周波治療器では届かない深部まで刺激を与えることができます。
また、刺激もソフトなので、患者の治療によるストレスも軽減されるのが特徴です。

低周波治療を行う際の注意点

低周波治療器を用いた施術は、主に整形外科や整骨院、カイロプラクティック、整体等で行われています。
それぞれの施設で使用している機器の性能、または施術者のスキルによって、効果が異なる点に注意を払うべきです。比較的最新設備が整っていて、しかも、国家資格を持っている人が常設している整形外科で治療を受けたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。