よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法骨盤牽引

骨盤牽引

腰椎を引き伸ばす治療法

坐骨神経痛の保存療法のひとつとして代表的なのが骨盤牽引療法です。
骨盤牽引とは腰椎を引き伸ばすことによって、筋肉の緊張をほぐすことを目的とした療法です。
実際の施行方法は、患者の骨盤あたりにベルトを装着し、腰から足の方向に牽引します。
牽引の力は、一般的に患者の体重の半分の重さを上限として、20kg程度からその患者に適した力で引っ張ります。

骨盤牽引の効果は個人差が大きい

牽引療法は昔から行われてきた馴染みのある治療方法ではありますが、患者の痛みの緩和効果には個人差があることが多いとも言われています。
また、牽引療法自体に対して否定的な見解を示す医療の専門家も多いのが実情です。

医療分野の研究においても、肯定論者と否定論者に分かれており、牽引療法の有効性について疑問視している研究家も少なくないです。医療現場では、坐骨神経痛や腰痛の症状に対して統一した見解がみられないのが現状です。最新の医療を取り入れている医療施設では、牽引療法を除外しているところが多い傾向があります。

症状が悪化するケースもある

適切な牽引がされなかったり、牽引が患者の坐骨神経痛に合わなかったりした場合、かえって筋肉がこわばってしまい、腰椎へ損傷を与える事態も懸念されています。
このように荒療法とも考えられている牽引をしなくても、坐骨神経痛の治療方法は、温熱療法や低周波治療をはじめ、たくさんあります。そのため、医療の現場では牽引療法を除外する医療施設が増えることは予想されます。

なお、腰の牽引については特別な免許が不要なため、専門医や資格を有した者以外でも施術することが可能です。
牽引を行ったことで、さらに症状を悪化させてしまった人は、すぐに病院で治療を受けるべきでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。