よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法装具療法

装具療法

装具・器具を用いた治療法

装具や器具を使って坐骨神経痛などを治療することを装具療法器具療法と呼んでいます。
坐骨神経痛を治療するための装具療法で、代表的なのがコルセットを使用した療法です。

コルセットを用いて、腰椎や骨盤を安定させたり、正しい姿勢を維持したりして、坐骨神経痛の痛みやシビレを軽減させます。使い方は、コルセットを腰に巻くだけの単純な方法です。
これにより、仙椎を固定し、仙椎を動き過ぎないようにすることで、仙椎が正常な湾曲を形成します。
そして、腹圧が上昇し、腰椎を安定させることが可能となります。

コルセットの種類

坐骨神経痛の治療で使用されるコルセットは2種類あります。コルセットには、よく見かけるコルセットである「軟性コルセット」とは別に、もうひとつ特殊なものがあります。「腰部脊柱管狭窄症用コルセット」です。

軟性コルセットは、美容や矯正などを目的として開発されたものであり、腰椎をがっちりと固定します。
堅く固定することで、坐骨神経痛の緩和に効果があり、また、装着感も悪いものではありません。
ただし、これを装着したまま、しばらく歩いていると腰から下が痛くなるデメリットがあります。

腰部脊柱管狭窄症用コルセットとは

そこで、考案されたのが、腰部脊柱管狭窄症用コルセットです。
これを装着すると、やや前傾姿勢となり、坐骨神経痛の痛みを緩和する効果があり、また、歩行中は軟性コルセットよりも痛みが緩和されます。

ただし、軟性コルセットと比較した場合、装着時に違和感を覚えることがあり、快適性についてはデメリットがあるといえます。また、長期間使用すると、腹筋や背筋の筋力が低下するおそれもあると言われています。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。