よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法軟性コルセットと硬性コルセットの違い

軟性コルセットと硬性コルセットの違い

腹圧を上昇させることで腰への負担を軽減する

坐骨神経痛や腰痛の痛みやシビレを緩和する保存療法のうち、コルセットを使用した装具療法と呼ばれる療法があります。装具療法は、単純に腰にコルセットを巻くだけです。

これにより、腹圧が上昇し腹壁という部位が強化状態となるため、腰への負担が軽減されます。
また、腰椎を固定し安定させることもできるので、坐骨神経痛や腰痛の痛みを緩和させることもできます。

軟性コルセット・硬性コルセットの違い

坐骨神経痛や腰痛に使うコルセットには、一般的に大きく分けて二種類あります。

「軟性コルセット」は、広く使われているため、世間でよくみかけるものです。
生地に金属の支柱を編みこんでいるものが多いです。通院した場合、義肢装具士が患者の身体を採寸して製作します。メッシュ構造の生地が採用されることが多く、通気性がありますが、伸縮性はありません。
そのため、ゴムベルトよりかは、がっちり固定できます。

また、素材は弾力性があるものを使用しています。日常生活に支障はありません。
軟性コルセットは、坐骨神経痛や腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなどの患者に使用されます。

そして、「硬性コルセット」は、外科治療後の補助用具として使用されることが多いです。
金属やセルロイド、プラスチックなどの素材でできているため、日常生活の動作が制限されてしまいます。
硬性コルセットは、圧迫骨折、手術後の腰椎固定、脊椎カリエス、化膿性脊髄炎などの患者に使用されます。

坐骨神経痛の治療では軟性コルセットが主流

坐骨神経痛や腰痛には、通常、軟性コルセットが使われることが多いです。軟性コルセットは、金属やセルロイドなどの素材でできている硬性コルセットよりかは装着感がよく、あまり違和感がありません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。