よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法薬物療法について

薬物療法について

一時的に症状を緩和する薬物療法

坐骨神経痛の治療方のひとつとして、薬物療法があります。
薬物療法で使用される薬物は様々あり、一般的には、「消炎鎮痛剤」などが臨床の現場で使用されます。

消炎鎮痛剤は、急性の坐骨神経痛で、激しい痛みに襲われたときに処方されます。
ほとんどのケースで内服液が処方されますが、座薬などが処方されるケースもあります。
ただし、消炎鎮痛剤は、一時的な痛みを取り除くことを目的とした薬物療法であり、根本的な坐骨神経痛の原因を改善するためのものではありません。

さらに、痛みの緩和と同時に血管を収縮する働きがあるため、血行が悪くなり、痛み物質が血管のなかで滞ってしまうため、長期間にわたる処方は避けられています。

筋肉の緊張を和らげる筋緊張弛緩薬

また、「筋緊張弛緩薬」も臨床の現場で通常使用されます。坐骨神経痛の痛みの原因のひとつは、筋肉の緊張による神経圧迫です。筋緊張弛緩薬を投与することで、そのような筋肉の緊張による痛みを緩和することができます。

血管の拡張を促すプロスタグランディン

そして、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛を治療するために、「プロスタグランディン」という薬物を投与することがあります。この病気は、脊柱管という腰部の神経が通っている器官が脊髄骨の変形などにより狭くなってしまう症状です。

脊柱管が狭くなってしまうため、その中を通る神経が圧迫されることで、坐骨神経痛や痺れなどの症状が発生してしまいます。プロスタグランディンは、血管を広げる働きと、血液を凝固させない働きがあるため、患部の痛みを和らげることができます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。