よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法薬の種類と特徴

薬の種類と特徴

消炎鎮痛剤・筋緊張弛緩薬

坐骨神経痛の薬物療法で使用される薬について、それらの薬の種類と特徴を紹介します。
まず、臨床の場で頻繁に使用される「消炎鎮痛剤」は、激しい痛みに襲われている患者に対して処方されます。
この薬は一時的な痛みを緩和するためのものであり、長期間にわたって投与されることはありません。

次に、「筋緊張弛緩薬」は、筋肉のこわばりによる神経圧迫が原因で起きる痛みを和らげるために処方されます。

プロスタグランディン

次に、「プロスタグランディン」は、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛に対して処方される薬です。
何らかの障害で狭くなった脊柱管の中を通る神経の痛みやしびれを緩和します。

この薬は血液を凝固させず、血管を広げるため、患部の血流を良くする効果があります。
また、腰部脊柱管狭窄症に対して、プロスタグランディン以外に、ベラプロストナトリウムやリマプロストアルファデクスと呼ばれる薬も処方されることがあります。

ビタミンB12・温湿布

次に、「ビタミンB12」も坐骨神経痛で使用される薬の1つです。足先や手先に伸びる末梢神経の痛みに対して処方されます。処方することで、末梢神経機能を安定させる働きがあるとされています。

そして、「温湿布」も坐骨神経痛の臨床の場で使用される薬の1つです。
温湿布を貼ることで、患部の筋肉の緊張が弛緩され、神経圧迫による痛みも軽減されます。
ちなみに、冷湿布は患部の筋肉をいっそう緊張させ、神経を圧迫してしまうので、坐骨神経痛の症状を悪化させてしまいます。坐骨神経痛には絶対に冷湿布を使用しないようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。