よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法神経ブロック療法とは

神経ブロック療法とは

神経周辺に局所麻酔薬を行う治療法

坐骨神経痛が起きる最大の理由は、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは、激しい痛みが続き、薬物療法が効かない場合もあります。そのとき、臨床の場では、通常「神経ブロック療法」という治療方法が選択されます。

神経ブロック療法とは、患部である神経や神経周辺の組織に対して、局所麻酔薬を投与する治療方法です。
なお、病状によっては、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を投与するケースもあります。

神経回路を一時的にブロックする

神経ブロック療法は、麻酔薬を投与することによって、痛みを一時的に感じない状態にします。
ブロック注射は、坐骨神経痛と最も関係のある椎間板ヘルニアに対して投与されます。そして、椎間板ヘルニア用のブロック注射は、次のような種類の注射があります。
「硬膜外ブロック注射」「神経根ブロック注射」「椎間板内ステロイド注射」の三種類です。

神経ブロック療法の種類

一つ目の「硬膜外ブロック注射」とは、硬膜外腔に局所麻酔を行う治療です。
硬膜外腔とは、脊髄を覆う膜のうち一番外側の膜である「硬膜」と黄色靭帯の間の数ミリの隙間のことです。
そこに局所麻酔を行うことで、痛みをブロックします。なお、硬膜外ブロック注射はブロック注射の中で、最も安全性が高いと言われています。

二つ目の「神経根ブロック注射」とは、神経根に直接注射針を刺し、麻酔剤や抗炎症剤を注入する治療です。
神経根ブロック注射は、抜歯の際に行われる局所麻酔注射と同じような方法で注射をします。激しい痛みを抑制する目的で使用されます。

三つ目の「椎間板内ステロイド注射」とは、椎間板に直接ステロイド剤を注入する治療です。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。