よく分かる坐骨神経痛トップ > 保存療法椎間関節ブロック

椎間関節ブロック

神経ブロック療法の効果・種類

激しい痛みを伴う急性の坐骨神経痛や腰痛に対して、整形外科などの医療施設ではmぢお「神経ブロック療法」が行われます。神経ブロック療法とは、患部の神経の周辺もしくは根元に麻酔の注射を注入して、痛みが脳に伝わることを遮断する治療のことです。

坐骨神経痛に対する神経ブロック療法には、次のようなものがあります。
「椎間関節ブロック療法」「硬膜外ブロック療法」「神経根ブロック療法」「局所浸潤ブロック療法」などです。
それぞれ症状によって、適切な神経ブロック療法が選択されます。
以下では、「椎間関節ブロック療法」について解説します。

椎間関節による痛みの症状を遮断する

椎間関節ブロック療法とは、椎間関節や椎間関節と関係している脊髄神経後枝内側枝に対して、局所麻酔薬あるいは抗炎症薬を投与することによって、椎間関節から来る痛みを遮断する治療方法です。
治療以外にも、坐骨神経痛の原因を切り分けるために、椎間関節ブロック療法を施す場合があります。
つまり、この療法で効き目がある場合は、椎間関節から来る痛みであることが特定できます。

椎間関節ブロック療法療の効能・治療方法

椎間関節ブロック療法により、腰部脊柱管狭窄症のうちの変性すべり症による腰痛や臀部辺りの痛み、あるいは、後ろに反った姿勢のときに太ももに生じる痛み、あるいは、体を動かしたときの激しい痛みを緩和します。

具体的な治療方法は、患者が治療用のベッドの上に斜めに横たわった状態となり、医師はレントゲン透視結果を見ながら、椎間関節などに直接1mlほどの局所麻酔を投与します。椎間関節ブロック療法の効果が認められた場合、この注射を一定期間ごとに数回繰り返します。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。