よく分かる坐骨神経痛トップ > 日常生活での工夫坐骨神経痛の人の腰に優しい座り方

坐骨神経痛の人の腰に優しい座り方

椅子の座り方には注意する

坐骨神経痛に悩む人は、いろいろな生活のシーンで予防方法を講じなければなりません。
特に椅子に座るときは注意が必要です。以下に、腰に優しい座り方について解説します。

正しい椅子の座り方

坐骨神経痛の患者が椅子に座るときは、背もたれにお尻がしっかりくっつくように深く座りましょう。
そして、顎をひいて腹を引っ込めて、背筋を伸ばします。また、お尻の穴をキュッと締めて、左右の坐骨に対して均等に力が分散するように座り、お尻の力を弱めてみてください。

慣れるまでが大変ですが、習慣になるまで慣れると、普段の生活で何も考えずに行えます。
その反面、背中を丸めて座ると腰にとても負担がかかってしまいます
背筋はしっかり伸ばし、腰は立てて、足の親指と膝頭とが一直線になるように座りましょう。

また、足を組んで座ったり、浅く腰掛けて座ったりするのも避けるべきです。
椅子は高すぎてもよくありませんので、台の上に足を置いたり、椅子の高さを調節したりしましょう。
逆に椅子が低すぎてもよくありませんので、そのような場合は、座布団などを椅子に敷いて高さを調整しましょう。
座ったときに、踵がピッタリと床につくのが、適切な高さになります。

正座は腰に優しい座り方

そして、テレビを見るときは、体の正面にテレビがあるような位置で座りましょう。
振り返った状態でテレビを見るような姿勢はやめましょう。また、パソコンの位置も同様に、身体の正面にモニターを置いて作業をしましょう。

また、床に座るときは正座がもっとも腰に優しい座り方です。足を崩した横座りなどは骨盤が歪んでしまいます。
長時間の正座ができない場合は、座椅子に座って足を投げ出す格好になるか、胡坐が良いでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。