よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰部脊柱管狭窄症(原因・症状など)

腰部脊柱管狭窄症(原因・症状など)

神経に圧迫により痛みが生じる

腰部脊柱管狭窄症は、腰の部分の神経が圧迫される症状です。
そのことによって、腰痛や坐骨神経痛を引き起こしたり、太ももや足がしびれたりします。

先天的に脊柱管が狭い人もいますが、多くのケースでは加齢によって腰椎の変形がおきることで引き起こされると言われています。腰部脊柱管狭窄症という名前自体はそれほど知られているものではありませんが、一般的にはそれによって起きる坐骨神経痛のほうが有名なのだというわけです。

痛みが起こる原因

なぜ、痛みが起きるかというと、脊柱管の後ろ部分が変形して、そこを通っている神経を圧迫するからです。
背骨には脊髄神経が通っていますが、腰骨付近にある椎間板や椎間関節が変形すると神経を通す管である脊柱管が狭くなり圧迫されるのです。そうすると太ももから痛みが生じる坐骨神経痛が引き起こされます。

とくに、腰痛や足のしびれなどが伴う坐骨神経痛の場合は、腰部脊柱管狭窄症が原因であることが多いのです。

坐骨神経痛の治療法

治療法としては、内服薬コルセット、ブロック注射などが考えられます。
内服薬では、痛み止めのほか、ビタミン剤でしびれを緩和したりすることもあります。
コルセットや理学療法でも効果が出ない場合は、ブロック注射を行って様子をみることになります。

それでも改善がみられないときには手術という選択肢もあります。
ただし、術後しばらくは車いす生活となるので、そのほかの治療方法による経過を見ていくことも大切だと考えられています。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。