よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰椎椎間板ヘルニア(原因・症状など)

腰椎椎間板ヘルニア(原因・症状など)

腰椎椎間板ヘルニアの原因・症状

坐骨神経痛になる原因として、椎間板ヘルニアをあげることができます。
椎間板ヘルニアというのは、腰部にある椎間版と呼ばれるクッションの働きをする部位が神経を圧迫する症状です。

なぜクッションの働きをするべき組織が神経を圧迫することになるかというと、椎間板のなかにある髄核と呼ばれる粘性の組織が出っ張ってくることで、すぐそばにある神経が通っている脊柱管に押し当たるからです。
それによって痛みやしびれ、麻痺を引き起こすというわけです。

痛みの軽減には炎症を抑えることが必要

痛みがあるときには身体を動かすのを避けたほうが良いと言われています。
それは、神経が圧迫されて痛みが起きている部位が炎症を起こしているからです。
ですから、痛み止めを飲んだりする一時的な対処療法よりも、炎症を抑えることが優先されるのです

そのほかにも、仙骨や腰部硬膜外にブロック注射をする方法もあります。
炎症を起こしている部位に局部麻酔やステロイド剤を注入することで炎症を抑え痛みを緩和するのが目的です。

手術療法で対処する場合もある

それでも症状が治まらないときには手術が必要になります。
とくに膀胱直腸障害などを引き起こしたり、大きなヘルニアができてしまったときは、手術でないと対応できないこともあります。

手術方法としては、出っ張っている部分を切除することになりますが、出っ張りの一部を切除する方法と、内視鏡を使って除去していく方法があります。手術をしないで炎症を抑えていく治療でも、数年のあいだにはヘルニアの部分が無くなったり縮んだりすることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。