よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰椎分離症(原因・症状など)

腰椎分離症(原因・症状など)

腰椎の一部が分離する疾患

坐骨神経痛の原因としては、腰椎分離症をあげることもできます。
椎間板ヘルニアの場合と似たような坐骨神経痛を引き起こすと言われていますが、腰椎分離症の場合は、腰椎の骨の一部が切れたり離れたりすることで神経を圧迫することになります。

とくに腰椎と仙骨とのつなぎ目部分で分離が起こりやすいのです。
症状として痛みが出にくいケースもありますが、背筋を伸ばしたり立っているときに痛みを感じるようになるのです。

腰椎分離症の原因

腰椎分離症になる原因としては、スポーツや運動によって引き起こされることが多いのです。
それは、前述のように骨の継ぎ目がずれたり離れたりする症状なので、疲労骨折が原因だと考えられるからです。

なかでも運動部の小学生や中学生、あるいは高校生などが腰の痛みで病院にいって腰椎分離症だと診断されるケースも多くあります。痛みが出ないまま運動を続けている人もいて対処が難しいとされる症状なので、その人に合った治療が求められます。

慢性腰椎を起こさないよう注意する

スポーツをしている人ならば慢性腰椎にならないように注意していかなければいけませんし、そのまま激しい運動を続けることができない場合もあります。疲労骨折を起こしている部位は、早期に発見して癒合させていくことが大切だとも言われているのです。

スポーツをしている子供がなりやすいので、普段の生活では問題がなくても、身体をそらしたり前屈をしたときに腰の痛みがある場合は注意が必要です。
放置したままでいると大人になってから症状が悪化することもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。