よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰椎分離すべり症(原因・症状など)

腰椎分離すべり症(原因・症状など)

腰椎分離すべり症の症状

坐骨神経痛を引き起こすものとして、腰椎分離すべり症をあげることができます。
とくに中高年に多く見られる症状で、前方へとずれた椎骨が坐骨神経を圧迫することで痛みが生じます。

ですから、坐骨神経痛だと考えていろいろ対処していても、腰椎のずれを治さない限りは痛みは治まりません。
ちょうどぎっくり腰と同じようなものだとも言われています。ぎっくり腰の場合は、ずれそうになった瞬間的な滑りを筋肉がとどめようとして炎症を起こすのです。

腰椎分離すべり症の原因

腰椎分離すべり症の原因としては、加齢や生活習慣によって腰椎が徐々にずれていき、しだいに痛みを発していくことになります。ですから、ぎっくり腰のように急に痛みが出ないぶん、対処が遅れるケースもあるのです。

少し痛いけど放っておけば治るだろうと考えていたものが、じつは腰椎分離すべり症だったということもあります。
痛みの度合いが徐々に増していくケースでは、早目に病院にいって診察を受けたほうがいいでしょう。

注意すべき症状

坐骨神経痛だと考えていても、腰が重かったり、上半身が支えられない、腰部に激しい痛みがある人などは、腰椎分離すべり症を疑ったほうがいいかもしれません。慢性的な痛みなどもそうです。

原因がわからずに対処が遅れてしまうと、腰椎のずれによって脊柱管狭窄症を引き起こすこともあります。
さらに症状が悪化して神経が圧迫されていくと、歩行障害が起きるケースもあるのです。
極度に怖がる必要はありませんが、注意していくのがいいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。