よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰椎変性すべり症(原因・症状など)

腰椎変性すべり症(原因・症状など)

腰椎変性すべり症の症状

坐骨神経痛になる原因として、腰椎変性すべり症をあげることができます。これは、中高年の女性がなりやすいとされている症状で、第4腰椎と第5腰椎の間で起きることが多くあります

坐骨神経痛の他にも、足のしびれや腰痛、足の筋肉の低下などの症状が見られることもあります。
先天的に骨が弱いという人以外でも、老化によって椎間板や椎間関節が変性することで、脊椎がゆがんだり、ずれが生じる人もいます。そのために脊柱管が圧迫されるのです。

治療法について

腰椎変性すべり症の治療法としては、その症状にもよりますが、神経を圧迫している部分を解除することが重要になります。たとえば、すべった状態のまま固まっているケースでは、神経除圧だけで対処することもあります。

一方で、神経除圧といっしょに後方に固定することで症状を緩和する方法もあります。
そのときには、自家骨移植によって固定する方法や、スクリューをロッドによって留める方法などもあります。
簡単な施術ならば短時間で終わりますが、そのぶん固定力も弱いのです。

病状によっては手術が行われる

診断はレントゲン検査によって行われます。放っておくと腰部脊柱管狭窄症と似た症状を発症し、立ったり歩いたりが困難になるケースもあります。ただし、腰痛が生じないというケースもあります。

前述の手術以外の治療法としては、腰椎の牽引温熱療法、硬膜外注射などもあります。
薬で対処しているという人もいますが、日常生活に支障をきたすほどの症状が出てくるケースでは手術が勧められることもあるというわけです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。