よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気腰椎圧迫骨折(骨粗鬆症)(原因・症状など)

腰椎圧迫骨折(骨粗鬆症)(原因・症状など)

圧迫骨折も神経痛の原因になる

坐骨神経痛になる原因としては、腰椎圧迫骨折をあげることもできます。
それは、脊柱管を作っている椎骨がつぶれて神経を圧迫することになるからです。

圧迫骨折になりやすいのは骨粗しょう症の人です。骨粗しょう症は、骨の密度が低くなってしまうもので、少しの衝撃で折れたりヒビが入ってしまいます。
特に背骨では本来は沢山あるはずの海綿骨が減少することで、圧迫骨折をしやすくなってしまうというわけです。

腰椎圧迫骨折の原因・治療法

スポーツや転落事故などでも圧迫骨折をするので、若い人でも坐骨神経痛を引き起こすのだと考えられます。
椎体がつぶれた部分を元通りにするというよりも、そのまま骨が癒合するのを待つことになります。
ですから、圧迫骨折になった場合には、手術ではなく安静にしておく保存療法がとられます

そのときには、コルセットをつけたままベッドに仰向けになって過ごすことになります。治癒には個人差がありますが、3ヶ月前後でコルセットを外すことができます。

腰椎圧迫骨折の症状

痛みや症状は椎間板ヘルニアに似ているとも言われています。
それは、椎体がつぶれることで神経を圧迫する構造が、ヘルニアが神経を圧迫するのと同じだからです。
ですから、坐骨神経痛のほかにも、下肢に痛みやしびれが生じることもあります。

長期間臥位による安静が求められるので、背筋が凝ったり、筋肉が落ちたりという症状も引き起こされます。
圧迫骨折を避けるためには、カルシウムをしっかり摂取するほか、適度な運動なども求められるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。