よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気変性側弯症(原因・症状など)

変性側弯症(原因・症状など)

中高年に多く見られる疾患

変性側弯症は中高年に多くみられる症状で、坐骨神経痛の原因にもなります。
腰椎が横に湾曲してしまう症状ですが、その原因は椎間板や椎間関節の老化にあります
そして変性側弯症によって神経が圧迫されると、腰痛、下肢の痛みやしびれ、歩行障害などが起きることもあるのです。

初期の段階では、軽い腰の痛み程度のケースもありますが、放っておくことで症状が悪化していくというわけです。側弯の程度というよりも、どれだけ神経を圧迫しているかで症状が違います。

変性側弯症の原因

変性側弯症の原因は、老化によるものが多いと言われていますが、それ以外にも骨粗しょう症によって骨の椎間が不安定になって引き起こされることもあります
椎体が変形して、脊柱がねじれたりしはじめると、神経や馬尾を圧迫するようになります。

腰痛がひどくなると、筋力の低下や下肢のしびれなどが生じ、日常生活に支障をきたすようになるのです。
脊柱管が狭くなっているケースでは、腰部脊柱管狭窄症と診断されることもあります。

保存療法で治療する

治療方法としては、保存療法がとられることが多いと言えるでしょう。
ただし、長期にわたる治療となるケースもありますし、症状が重い人には手術が勧められることもあります。
保存療法ならばコルセットによって安静にしておくことが求められますが、段階を経て腹筋や背筋の筋力強化をしていくこともあります。

生活習慣や姿勢の悪さなども変性側弯症を引き起こす原因になります。
座っているときや歩いているときなども、正しい姿勢を心がけるようにするのがいいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。