よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気脊椎カリエス(原因・症状など)

脊椎カリエス(原因・症状など)

結核菌の感染が原因となる病気

坐骨神経痛を引き起こすものとして、脊椎カリエスを挙げることができます。
脊椎カリエスは結核性脊椎炎とも呼ばれている病気です。血流によって結核菌が脊椎を侵すことで発病します。

結核にかかっている人のほか、結核にかかったことがある人にも発病することがあります。
最近ではあまり多くは見られなくなってきた結核ですが、病気として存在しなくなったわけではないので、脊椎カリエスにかかる可能性も排除できないのです。

脊椎カリエスの症状

坐骨神経痛を引き起こす脊椎カリエスの症状としては、腰椎部に発生するものになります。
背中が痛んだり、少し叩いただけで痛みを感じたりという初期症状から、脊柱後弯変形がみられるようになっていきます。その過程で、脊柱の動きが制限されていくようになるのです。

脊柱後弯変形によって下半身まひなどが引き起こされることもあります
これは、後弯変形によって破壊された部位や、腹部などにたまった膿が脊髄を圧迫するからです。

検査・治療法

診断にはエックス線写真が用いられることになりますが、初期には判断がつきにくい場合もあります。
治療方法としては、抗結核化学療法を用いるのが基本です。
早期に発見ができれば変形を残さずに治癒させることも可能です。

コルセットの着用と長期の抗結核化学療法によって治していきますが、腐骨がある場合は除去手術をすることになります。そのときには病巣を摘出して骨を移植することで、保存療法よりも早く治すことができるケースもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。