よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気脊髄腫瘍(原因・症状など)

脊髄腫瘍(原因・症状など)

脊髄の細胞に腫瘍ができる病気

坐骨神経痛の痛みの原因として、脊髄腫瘍をあげることができます。
脊髄腫瘍には悪性のガンと、良性のものがあります。脊髄というのは背骨のなかにある中枢神経です。
その内部の細胞や、脊髄と隣り合った細胞に腫瘍ができる病気を脊髄腫瘍と呼びます。

腫瘍ができた部位によって、髄内腫瘍か、硬膜内髄外腫瘍、硬膜外腫瘍というように分けられています。
これは、脊髄が軟膜、くも膜、硬膜という3つの膜に包まれているからです。

脊髄腫瘍の症状

この脊髄腫瘍では、発生部位によって症状が変わってきますが、腰椎に腫瘍ができると疼痛や下肢のしびれなどが表れます。腫瘍は徐々に大きくなるため、気が付いたときにはかなりの大きさになっていることもあります。

腫瘍の増大にともなって、運動能力が低下したり、排尿障害が起きたりすることもあります。
麻痺症状は急に表れる訳ではないので注意が必要です。初期症状は疼痛が起きることが多いと言われています。

原因・治療法

脊髄腫瘍の原因としては、詳しくわかっているわけではありません。
しかし、良性のものもあるので、手術によって摘出することで予後は良好であることが多いものです。

髄内腫瘍のなかには悪性ものもあるので、脊髄と腫瘍との境界がはっきりしないと全摘出が難しいケースもあります。その場合は、摘出手術のあとに、放射線治療や化学療法を行っていくことになります。診断にはエックス線検査のほかに、MRIによって確定診断を行うこともあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。