よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気馬尾腫瘍(原因・症状など)

馬尾腫瘍(原因・症状など)

硬膜の内側に腫瘍ができる病気

脊髄腫瘍のなかでも坐骨神経痛と同じ痛みを引き起こしやすいのが馬尾腫瘍です。
馬尾腫瘍の正式名称は、脊髄硬膜内髄外腫瘍と言います。
脊髄を包んでいる硬膜の内側に発生する腫瘍のことですが、脊髄神経側でできる神経鞘腫と、脊柱管硬膜側にできる髄膜腫があります。

脊髄腫瘍のなかでも腰椎の部分にある馬尾にできるため、個別に馬尾腫瘍と呼ばれるようになっています。
腫瘍が大きくなるにつれて神経を圧迫するようになります

症状・検査法

ですから、馬尾腫瘍では坐骨神経痛のように、臀部から腿にかけてから痛みが発症していきます。
腫瘍が脊髄を圧迫するようになれば、痛みが大きくなったり、下肢のしびれや麻痺の症状も見られるようになります。

重篤なケースでは、排泄機能に障害が起きたり、呼吸障害などを引き起こすこともありますし、手足が動かせなくなるケースもあります。診断には、エックス線検査だけでなく、MRIによる検査も行われることになります。

治療は手術によって腫瘍を摘出する

また、馬尾腫瘍の多くは良性のものなので、手術によって摘出することが可能です。
良性の腫瘍で全摘出が可能ならば、根治ができると考えていいでしょう。

ただし、腫瘍が大きくなってしまってからの手術だと、傷んでしまった神経を元通りにすることができないケースもあります。腫瘍が小さいうちに摘出できるように、早期発見が求められる病気なのだということです。
手術の方法としては、椎弓切除術が多く行われています。術後、しばらくはコルセットを装用することになります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。