よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気閉塞性動脈硬化症(原因・症状など)

閉塞性動脈硬化症(原因・症状など)

動脈硬により歩行障害が起こる病気

坐骨神経痛を引き起こす病気としては、閉塞性動脈硬化症をあげることができます。
閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化のなかでも四肢の血流障害を発症するものです。

なかでも下肢の血行障害が表れるケースが多く、そのことで麻痺やしびれ、歩行障害などが引き起こされます。
しかし、下肢だけでなく、全身の動脈硬化が起きているケースも考えられ、冠動脈疾患を併発しているケースや、脳血管障害を起こしているというケースもあります。

閉塞性動脈硬化症の症状

閉塞性動脈硬化症の症状としては、前述のように下肢のしびれなどが主なものになります。
なかに冷感が表れるという症状もあり、痛みを感じたりももやふくらはぎが重く感じられるという症状もあります。

放置したままで症状が悪化すると、安静時にも痛みを感じるようになります。
そうすると、足に靴擦れなどができたときに、潰瘍周辺が壊死したりすることもあります

高血圧症の治療が必要

閉塞性動脈硬化症になる原因としては、生活習慣や食事をあげることができるでしょう。
それによって糖尿病や高血圧、脂質異常症のように、動脈硬化になりやすい状態になってしまうことが主な原因となっているのです。ですから、治療では、まず原因となる糖尿病や高血圧症を治療していくことが求められます。

喫煙者の場合は禁煙が必須となります。血行障害が起きているケースでは、血行促進のために効果的な入浴が勧められることもあります。壊死が進行しているケースでは、足を切断することもあるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。