よく分かる坐骨神経痛トップ > 坐骨神経痛を引き起こす病気梨状筋症候群(原因・症状など)

梨状筋症候群(原因・症状など)

神経に炎症が起こる病気

坐骨神経というのは臀部の梨状筋の下を通っているのが普通です。
しかし、全体の2割くらいの人は梨状筋のあいだに坐骨神経の一部が走っているのが見られます。
それにより股関節の屈伸時に、坐骨神経が梨状筋によって締め付けられて痛みが生じることがあるのです。

下を通っている人でも摩擦によって痛むことがあります。これが梨状筋症候群と呼ばれる症状で、神経が炎症を起こしてしまうのです。

梨状筋症候群の原因

梨状筋というのは、尾骨の上部に位置している仙骨と、大腿骨の付け根部分にある大転子とをつなげる役割を果たす筋になります。股関節を固定させたり動かしたりするときに使われるので、スポーツなどによって摩擦されることが多いのです。

なかでも臀部や腰、股関節に負荷がかかったり、臀部や股関節のケガなどによって血管や神経が圧迫されることがあります。そうすると、梨状筋の近くを走る神経に伝わって、坐骨神経痛を発症することがあるというわけです。

治療は病状により異なる

梨状筋症候群の場合は、手術をせずに経過を見ていく治療法がとられることが多くあります。
その場合は薬物療法のほか、温熱療法、超音波治療、電気治療が行われるほか、梨状筋のストレッチなども効果があるとされています。

強い痛みがあるケースでは、ブロック注射によって様子をみることもあります。
それでも改善しないという場合には、梨状筋を切除する手術を選択するケースもあります。
なかには椎間板ヘルニアの症状を併発しているケースもあるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。