よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは

クッションの役割を持つ椎間板と

腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰の痛みをともなう症状を持っています。
その原因は、椎間板と呼ばれる部位の中身が押し出されて、神経を圧迫してしまうからです。

人間の背骨というのは、24個の骨によって形成されています。
その椎骨と椎骨のあいだにあるクッションの役目を果たしているのが椎間板です。
そして、その椎間板というのは、繊維輪とよばれる硬い部分の中心に髄核と呼ばれる組織がある構造をしています。

飛び出した髄核が神経を刺激する

周囲を包む繊維輪に亀裂ができて、なかにある髄核が押し出されてしまった状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼ぶのです。その押し出された髄核は、近くにある神経などの組織を圧迫することになるので、痛みが生じるというわけです。

代表的な症状としては、腰痛のほかに、坐骨神経痛、下肢のしびれや痛みのほか、筋力の低下や排せつ障害などを引き起こすこともあります。ヘルニアの大きさにもよりますが、激痛を訴える人もいるので注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

そして、自分が腰椎椎間板ヘルニアかどうか疑っているという人は、典型的な症例を確認してみるのがいいでしょう。
たとえば、立っていると痛みやしびれでつらいというケースや、椅子に腰かけているのが難しい、歩くと下肢がしびれる、前かがみの姿勢で痛みが強まる、立ち上がりに痛みを発するなどです。
人によっては下肢の感覚が鈍ったり、排せつ障害をともなうので、それらの症状が組み合わさっているときには腰椎椎間板ヘルニアを疑ったほうがいいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。