よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアはどんな人に起こりやすい?

腰椎椎間板ヘルニアはどんな人に起こりやすい?

腰への過度な負担が主な原因

腰椎椎間板ヘルニアになる原因としては、日常生活の動作などが引き金になるケースもあります。
たとえば、中腰の状態のまま重いものを持ち上げたり、腰を強くひねったりすることが多いと、椎間板の繊維輪に亀裂が入りやすくなります。

ですから、運動をしている人や、肉体労働をしている人などにも起きやすいのだと言っていいでしょう。
しかし、長時間同じ姿勢で座っていたり、車を運転したりしている仕事でも腰に負担がかかっているので注意が必要です。

椎間板の老化も原因の一つ

また、椎間板の老化が原因で腰椎椎間板ヘルニアになる人もいます
高齢者の場合は、椎間板の弾力が失われています。ですから、ちょっとした衝撃や圧力でも、髄核が押し出されてしまうことがあるのです。そのため、中高年層で起きやすいのだと考えておいたほうがいいでしょう。
前述の重たいものを持ったり、腰を強くひねったりという動作について、日常生活のなかでも負担にならないように気を付けていくことが大切です。

姿勢の悪い人が注意が必要

そして、腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢の悪い人がなりやすいものでもあります。
姿勢がくずれたままでいると、背骨がゆがんだり、骨盤がずれやすくなってしまいます。

骨盤がずれたままの状態を放置すると、腰椎も傾くことになるので、そこで椎間板に負担がかかることになるというわけです。ですから、中高年層の人でも、正しい姿勢を保っていることで、腰椎椎間板ヘルニアを予防していくことができるのだと考えていいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。