よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状

髄核が飛び出し神経を刺激する疾患

腰椎椎間板ヘルニアには典型的な症状があります。とくに腰痛や臀部から脚にかけての激痛などによって日常生活に支障が出る人もいるので注意が必要です。

背骨のなかでも、腰部にある椎間板の髄核と呼ばれる組織が外に押し出されてしまうことで、その近くを通っている神経などが圧迫されて痛みや障害が起きます。人によっては坐骨神経痛と同じ症状を訴える人もいますし、重度の場合には排せつ障害や歩行障害になることもあるのです。

代表的な症状

代表的な症状としては、その他にも、せきやくしゃみをしたときに痛みを感じるというものがあります。
ヘルニアが神経を圧迫しているので、前かがみになったり、衝撃を受けたときに激痛が走るというわけです。

そのほか、腰から下肢、脚の先にかけてしびれたり感覚が鈍ったりすることもあります。
感覚障害では、冷感があったり、触ったりつついたりしてもあまりそれを感じなくなったりということがあります。
やはり神経の圧迫によって異常をきたしているのだと考えられます。

坐骨神経痛の併発が疑われる症状

その他、臀部や脚にかけて放散痛や疼痛があるときには、腰椎椎間板ヘルニアによって坐骨神経痛が引き起こされている可能性があります。また、重い症状としては、便秘や頻尿、残尿感などがあります。

日常動作のなかでも、歩いているときに下肢が痛んだりしびれたりしますし、座った状態で腰痛を感じたり、立ち上がりがつらいという人もいます。さらに、膝を伸ばしたまま下肢を持ち上げるのが困難だという人も、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。