よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて脱出型と脱出移動型-腰椎椎間板ヘルニアのタイプ

脱出型と脱出移動型-腰椎椎間板ヘルニアのタイプ

腰椎椎間板ヘルニアの種類

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の椎体の間にあるクッションの役目を果たしている椎間板の中身が押し出されてしまう症状です。押し出された髄核と呼ばれる組織が、近くにある神経などを圧迫することで、痛みやしびれを生じさせるのです。

この腰椎椎間板ヘルニアでは、髄核の様子によって大きく分けて3つのタイプに分けられています。髄核が周囲を包む繊維輪から完全に飛び出しているタイプ、飛び出さずに繊維輪ごと膨れているタイプ、さらに飛び出した髄核が遊離してしまうタイプがあります。

脱出型・膨隆型ヘルニア

椎間板は周囲を包む硬い繊維輪と、そのなかにある髄核で形成されています。
繊維輪に亀裂ができて、なかにある髄核が完全に飛び出してしまっている状態を、脱出型ヘルニアと呼びます。
この脱出型は、飛び出した髄核がそのまま神経を圧迫するので、激痛をともなうなどつらい症状が見られます。

一方で、繊維輪から完全には飛び出さずに髄核が膨張して繊維輪を押すことで神経が圧迫されるのが膨隆型ヘルニアになります。膨隆型は治りにくいと言われています。

脱出移動型ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアには、このように脱出型と膨隆型がありますが、脱出型でも飛び出した髄核が移動しているものを脱出移動型と呼びます。

ヘルニアとなった部分が神経根の外側を圧迫していると、圧迫されている側の腰から脚にかけて痛みやしびれが起きるので、反対側に身体を倒すと楽になります。
ところが、神経根の内側を圧迫していると、痛みのある側に身体を傾けると楽になるのです。
また、椎間板の真後ろの方向にヘルニアが神経を圧迫していると、腰を曲げたときに痛みが大きくなるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。