よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて神経根絞扼型椎間板ヘルニア(原因・症状・治療など)

神経根絞扼型椎間板ヘルニア(原因・症状・治療など)

腰部脊柱管狭窄症を併発した椎間板ヘルニア

神経根絞扼型椎間板ヘルニアというのは、腰部脊柱管狭窄症を併発しているケースです。
神経根圧排型椎間板ヘルニアでは、脊柱管内の骨や黄色靭帯については狭窄や肥厚を起こしていないので、神経根を圧迫しているのは椎間板ヘルニアだけになっています。

しかし、神経根絞扼型椎間板ヘルニアの場合は、脊柱管内の骨や黄色靭帯に肥厚が見られ、その膨らんでいる部分によって脊柱管と椎間孔が狭窄を起こしているのです

安静時にも痛みが生じる

ですから、神経根絞扼型椎間板ヘルニアでは、神経根が椎間板ヘルニアに圧迫されているだけではなく、脊柱管の骨や黄色靭帯によっても圧迫されることになるので、両方から締め付けらている状態になっているのです。

両側から神経根が締め付けられることで、症状としては腰を曲げてもそらしても痛みが生じます。
さらに普通の状態でも痛みやしびれを訴えるケースもあり、歩行が困難になってしまうという人もいるのです。

手術による治療が一般的

神経根絞扼型椎間板ヘルニアを放っておくと早々に日常生活に支障をきたすことになります。
腰や背中が、前後に曲げることが全くできなくなるくらいに強張ってしまうこともありますし、それ以外の障害もどんどんと悪化していくことになるからです。

初めから症状が重いこともあるので、保存療法では対応ができないケースも多くあります。
神経根絞扼型椎間板ヘルニアが疑われるならば、手術でないと症状を改善できないこともあるので、早目に病院で診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。