よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアの診断

腰椎椎間板ヘルニアの診断

早期発見・治療が大切

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合は、早目に病院に行って医師の診断を受ける方がいいでしょう。
ですから、自覚症状を知っておくことも大切です。

たとえば、臀部から下肢にかけての痛みやしびれといった坐骨神経痛の症状も、腰椎椎間板ヘルニアの典型的な自覚症状です。ほかにも、腰痛や下肢の筋力低下なども考えられるでしょう。
自宅で行えるテストに、SLRテストラセーグテストがあります。道具は必要ないので試してみるのもいいでしょう。

SLRテストやラセーグテスト

SLRテストやラセーグテストは、仰向けに寝た状態で、膝を伸ばしたまま下肢を持ち上げていきます。
腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の場合は、持ち上げていくにしたがって腰や下肢に痛みが走るのです。
このテストは、病院の診察でも行われるものです。ほかにも、足を下げた状態で行って、股関節の可動を確認するボンネットテストも病院で行われることがあります。内側に回したり、ひねりを加えると激しい痛みが生じます。

病院での診察・検査

また、病院で診察を受けるときには、最初は問診によって自分の症状を伝えます。
そこから触診や打診などによって問題個所を確認していくことになるでしょう。前屈による痛みや、下肢の感覚障害なども調べられます。

さらに正確な状態を把握するためには、画像診断が行われます。画像診断では、MRIによってヘルニアの状態を確認します。そのほかにも、椎間板造影や脊髄造影、神経根造影などの画像診断方法があります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。