よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアの治療について

腰椎椎間板ヘルニアの治療について

治療の中心は保存療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療では、保存療法によって経過を見ることが多くあります。
それで改善が見られないケースや、すでに生活に支障が出ていたり保存療法では対応できないケースで手術療法が選択されます。

まずは医師による問診、触診、打診等が行われ、さらに必要ならば画像診断によってヘルニアの詳しい状況を確認することで治療法が選択されていきます。保存療法にもいろいろなやり方があるので、その人の症状や状態に合ったものを選びます。

薬物療法・運動療法

腰椎椎間板ヘルニアでも我慢できる痛みが出ている程度ならば、コルセットを付けて経過を見たり、内服薬や外用薬を使用することがあります。内服薬では、鎮痛剤や筋弛緩剤などを服用します。外用薬は湿布や軟膏などによって痛みを緩和します。

そのほか、腰椎牽引療法が行われたり、マッサージや指圧で痛みをやわらげるというケースもあります。
ウォーキングや水中歩行、ストレッチ、筋トレといった運動療法が有効な場合もあります。

その他の治療法

温熱療法としてホットパックや、赤外線、超音波、超短波療法を行うこともあるでしょう。
激痛をともなう腰椎椎間板ヘルニアの急性期では、安静が必要です。あまり無理に身体を動かすと症状を悪化させてしまうからです。

ステロイド剤や筋弛緩剤、鎮痛剤などで痛みをやわらげるほか、ブロック注射によって対応することもあります。
安静にしているときでもコルセットによって体幹を維持しておく必要があるケースも考えられます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。