よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要な人

腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要な人

手術が必要になることも

腰椎椎間板ヘルニアでは、多くの場合は保存療法で経過を見ていくことになります。
保存療法を続けていくことで症状が改善すれば問題ありませんが、なかには経過が良くないケースもあります。

3ヶ月ほど保存療法によって治療を行って、それでも症状が改善せずに痛みやしびれ、筋力の低下などが見られる人は手術が必要です。あるいは、痛みがひどく日常生活に支障をきたしている人、排せつ障害が起きている人なども手術による治療が選択されます。
とくに排せつ障害では、頻尿や便秘のほか、尿意を感じることがなく失禁をしてしまったり、肛門に障害が表れることもあるので注意が必要です。

椎間板減圧術

腰椎椎間板ヘルニアの手術方法にはいくつか種類があるので、症状や状況に合わせて選択していきます。
レーザーによる椎間板減圧術は、髄核にレーザー照射をして容量を小さくするものです。
髄核の容量が小さくなれば内圧が下がるので、飛び出しているヘルニアが引っ込むというわけです。

ラブ法・MED法・MD法

腰椎椎間板ヘルニアのための手術では、そのほかにもラブ法MED法、MD法などがあります。
ラブ法というのは、飛び出したヘルニアを直接除去する方法です。
MED法やMD法も同じですが、MED法では内視鏡を、MD法では顕微鏡を使って行います。
そのため、傷口が小さくてすむというメリットがあります。

PN法と呼ばれる経皮的髄核摘出術では、X線透視下で背中に細い管を注入し、椎間板の髄核を摘出します。
椎弓切除術が行われることもあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。