よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアの人が気をつけたい姿勢や動作

腰椎椎間板ヘルニアの人が気をつけたい姿勢や動作

注意すべき動作・姿勢

腰椎椎間板ヘルニアの人は、姿勢や動作などに気を付けていく必要があります
たとえば、腰を急にひねったり、重いものを運んだりする動作は避けたほうがいいでしょう。

椅子に座るときには、背もたれに臀部がしっかりとくっつくように座ったほうが姿勢を保つことができるので、腰にかかる負担が少なくなります。すでに痛みが出ている人などは、中腰の姿勢をとらないようにすることも大切です。
お風呂やトイレでは、前かがみや中腰になりやすいので注意しましょう。

腰椎を適度に曲げることが大切

腰椎椎間板ヘルニアの人は、適度に腰椎を曲げておけるようにすることも大切です。
高齢者の場合は、歩くときに楽な姿勢がとれるシルバーカーや杖などを使うのもいいでしょう。

なにかを持ち上げるときには、中腰の姿勢にならずに、かならず膝を曲げて持ち上げたいものに体を近づけるようにしましょう。立ち上がる時にも腰に負担がかからないようにします。股関節を利用すると腰を痛めずに持ち上げることができます。腰をひねった状態で曲げたりしないようにしましょう。

背筋・腹筋の筋力アップが効果的

また、腰椎椎間板ヘルニアでは、背筋と腹筋の働きが重要です。
背筋と腹筋が適度な緊張を保っていると背骨をしっかりと支えてくれます。ですから、保存療法として筋トレが効果を発揮することもあるのです。

ただし、痛みがあるときに無理に鍛えようとすると逆効果です。さらに、同じ姿勢をずっととらないことも大切です。
楽な姿勢だからといって、同じ体勢のままでいると、けっきょく腰に負担をかけることになるからです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。