よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査についてCT検査-坐骨神経痛の検査

CT検査-坐骨神経痛の検査

CT検査も使われている

坐骨神経痛の検査で行われる画像診断では、CT検査によって撮影された画像が役に立つケースもあります。
画像診断自体は必ず行われるわけではなく、まずは問診と視診、触診による診察を受けることになります。

そのときに、治療法を決めるのにより詳しい情報が必要だと判断された場合に画像の撮影が行われます。
検査方法によって知ることができる内容に違いがあるので、坐骨神経痛の原因が何かによって選択される方法が変わってきます。

CT検査が適用される条件

例えば、レントゲンでは骨・脊椎の状態を確認することができる反面、椎間板ヘルニアまではチェックできません。
一方、コンピュータによる断層撮影が可能なCT検査では、さまざまな角度から骨の状態を確認できるので、問診や触診で腰椎すべり症、脊柱管狭窄症などが坐骨神経痛の原因として疑われるケースに有効だと言われています。

身体を輪切りにした状態の画像をチェックしていくことができるので、レントゲンよりも詳しく骨の状態が把握できます。

さまざまな観点で病気を診断する

レントゲン検査だけで診断を下してしまうケースもありますが、それによって選択された治療方法で改善が見られないときには、CTやMRIを使った検査をすることになります。

そこで大抵は問題箇所が特定されることになりますが、まれにそれでも判断ができないときがあります。
その場合は内科系の疾患が疑われるので血液検査が必要になることもあるのです。
いずれにしても、画像診断というのは、より詳しい状況を確認するのに役に立つのだというわけです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。