よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査について大腿神経伸展テスト(FNSテスト)

大腿神経伸展テスト(FNSテスト)

神経の状態を確認する検査

坐骨神経痛の検査では、患者をうつぶせに寝かして行う大腿神経伸展テストもあります。
この検査では、手で臀部を固定して、膝を90度曲げてもらいます。
その状態から、患者の膝を持って大腿を持ち上げながら股関節を伸ばしていくのです。

神経に問題が生じている場合は、大腿前面に痛みを感じたり、上位腰髄神経根を圧迫する症状が見られることになるほか、上位腰椎椎間板にヘルニアができていると考えられる症状も確認できます。

確認範囲はL2からL4まで

この大腿神経伸展テストでは、椎間板のなかでもL2からL4のあいだに起きているヘルニアをチェックします。
ただし、椎間板関節症や変形性脊椎症などによっても、この検査によって大腿部に痛みを感じることがあるので、ほかの膝蓋腱反射と合わせて確認していくことが求められる症例もあります。
膝蓋腱反射が消失や減弱となっているケースで、大腿神経伸展テストが陽性の反応を示したときにはヘルニアの可能性が高いというわけです。

その他の検査法

坐骨神経痛の検査では、その他にもラセーグテストやブラガードテスト、ゲンスレンテストのように仰向けに寝て行うものもあります。また、マイナー徴候は座位によって行われるもので、立ち上がった時の痛みの状態を確認します。

側臥位で行う検査には骨盤不安定テストがあります。腸骨を押して仙腸関節を圧迫することで痛みが出るかを確認します。立位で行うものには仙腸関節可動性テストなどがあります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。