よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査についてMRI検査-坐骨神経痛の検査

MRI検査-坐骨神経痛の検査

鮮明な画像撮影が可能な検査法

坐骨神経痛のために病院に行くと、まずは問診が行われ、そこから視診と触診、打診といった診察によって原因を探っていきます。それで治療方法が決まり症状が改善していくこともありますが、もっと詳細な情報が必要なときには画像診断が行われます。

画像診断にはレントゲン撮影のほか、CT検査MRIによる検査があります。
これらのなかでもMRI検査というのは、より鮮明な画像が撮影できるほか、筋肉や血管の状態も確認することができるという利点があります。

MRI検査について

ですから、レントゲンでは判断ができなかった椎間板ヘルニアや神経の状態などを知ることができるという特徴があるのです。MRIというのは、磁気を使って問題箇所をいろいろな角度から撮影することができます。
また、レントゲンのX線照射のように被ばくをするリスクもありません。

強力な磁石のなかに入ることで、磁気の影絵のようにして身体の内部を撮影することができるのです。
撮影した画像では、筋肉や神経のほか、軟骨や靭帯の様子まで確認することができます。

MRI検査が使われるケース

レントゲン検査によって骨に異常が見られないときには、MRI検査によって腫瘍やヘルニアによって神経が圧迫されていないかをチェックすることになるのです。

骨に異常が見られたときでも、神経の圧迫の程度を知るためにMRI検査が行われることもあります。
腰周辺がどういう状態になっているのかを確認する方法としては、MRIがもっとも詳しく知ることができると考えていいでしょう。原因が特定できれば、有効な治療法も決まるというわけです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。