よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査について何科で診てもらうの?

何科で診てもらうの?

原因にあった診療科選びが大切

坐骨神経痛が生じたときには、病院の何科に見てもらえば良いのかわからないという人もいるかもしれません。
確かに痛みを引き起こす原因はいろいろあるので、その原因にあった科で治療を受ける必要があります。

しかし、痛みが生じたというだけでは、自分でその原因を知ることはできません。
ですから、痛みが生じた過程や症状、状態によって、とりあえず受診する科目に見当をつけておくのがいいでしょう。
そこで診てもらってから別の科を紹介してもらうこともあるからです。

内科・整形外科の受診項目

たとえば、何か外的な要因で痛みが出たときには整形外科が良いでしょう。
運動や重たいものを持ったり、何かにぶつかったりといったことです。
すぐに痛みが生じたというケースでも、徐々に痛くなってきたというケースでも整形外科を受診することになります。

こういった外的な要因が考えられない場合は、内科を受診するのがいいでしょう。
感染症や内臓に問題があるケースが考えられるからです。神経系の症状が出ている場合は、脳神経外科などに診てもらう必要もあります。

絶対に自己判断をしない

そのほか、感染症が原因の場合も内科の診察を受けることになります。
外的な要因がなくても、身体を動かすと強い痛みが生じる場合には、骨格や椎間板に問題があるケースも考えられるので、整形外科のほうが良いときもあります。

そのほか、原因がよくわからないという場合でも、自己診断をせずにまずは病院に相談をすることをオススメします。
単なる神経痛ではなく、病気によって引き起こされている場合は、その病気を治さなければいけないからです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。