よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査について視診・触診・打診-坐骨神経痛の検査

視診・触診・打診-坐骨神経痛の検査

治療は問診から始まる

坐骨神経痛の検査では、まずは問診を受けることになります。
そのときには、痛みが出たときの状況や時期などを聞かれます。
痛み以外の症状があるときは、そのことを正確に伝えられるようにしておいた方がいいでしょう。

坐骨神経痛には原因となるいろいろな病気が隠されていることがあるので、正確な情報を医師に伝えられる準備をしておいたほうが、診察のときに言い忘れたりすることを防ぐことができるのです。

視診・触診

そして、問診のあとには、視診や触診、打診を行っていきます。
視診では、背中から腰、脚にかけての状態を診てもらうことになります。皮膚表面や動き方などに変化が見られないかをチェックしていくことになるでしょう。

触診では、血流の状態や、皮膚の温度などを確かめることになるでしょう。
関節の曲げ伸ばしや、筋力などもチェックします。とくに脚や足首、膝の関節などを曲げたり伸ばしたりして状態を確認していきます。打診によって痛みの出る箇所も調べます。

打診・検査法

打診では、関節や骨周辺を叩きます。そのときにどのような痛みを感じるかを調べるためです。
痛みというのは神経の状態を確かめたり、問題箇所を特定するのに役に立つからです。

これらの検査を行ってからは、レントゲンやMRI、CTによって問題個所を詳しく調べることになるケースもあります。
骨の状態や腫瘍の有無、脊髄が炎症を起こしていないか、血管や神経の状態などを確認していくためです。
画像診断をした場合には、それをもとに治療法を決めていくことになります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。