よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査について坐骨神経伸展テスト(ラセーグ・テスト)

坐骨神経伸展テスト(ラセーグ・テスト)

ヘルニアの影響を調べる検査

坐骨神経痛の検査には、ラセーグ・テストと呼ばれるものがあります。
これは坐骨神経伸展テストという名前でも知られており、ヘルニアによって坐骨神経に問題が生じていないかを確認するためのものです。
ほかにも、ラセーグ徴候、下肢伸展拳上検査とも呼ばれることがありますし、SLRテストに含まれることもあります。SLRテストというのは、神経根に圧迫があるかを確認するためのテストで、仰臥位で行われるものです。

坐骨神経伸展テストについて

坐骨神経伸展テストも仰臥位で行われ、股関節や膝関節を痛みが生じる位置まで曲げます。
まずは平らなベッドや床の上に仰向けになります。その状態のまま膝を曲げないで片足づつ上げていきます。
30度以上の角度で上げたときに、臀部から太ももにかけて痛みが出ないかを確認していきます。

腰の神経根が圧迫されている状態だと、途中で痛みを感じることになるからです
坐骨神経痛になっていると、痛みで途中までしか足が上がらないのです。

確認できる範囲

この坐骨神経伸展テスト(ラセーグ・テスト)では、腰髄の4番と5番、腰髄5番の仙骨1番周辺の神経根などが原因で起きている坐骨神経痛を確認することができます。
正常な人は、股関節を70度以上屈曲させても痛みは生じないとされています
ですから、痛みの生じる角度が0に近ければ近いほど症状が強いのだと考えていいでしょう。
ただし、障害が生じていても痛みを感じないという人もいるので、このテストで確実に診断できるものではありません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。