よく分かる坐骨神経痛トップ > 検査について単純X線検査-坐骨神経痛の検査

単純X線検査-坐骨神経痛の検査

確実な結果が得られる画像検査

坐骨神経痛の検査では、画像による診断も行われます。
原因部位を確認するのにはもっとも確実な方法だと言え、レントゲンMRI、CTなどによって画像を撮影して、骨の異常を確認したり、神経が圧迫されている場所を特定することができます。

ただし、それぞれの画像診断には特性があることも知っておきましょう。
原因として疑われるものに有効な画像撮影をすることで、問題箇所の特定・詳細がわかるのだというわけです。

骨の異常も確認できる検査

たとえば、椎間板ヘルニアの場合にはレントゲンでは確定的な診断ができないので、MRI検査が必要になります。
一方で、脊椎分離症や、脊椎分離すべり症などの場合は、レントゲン検査が有効です。

ようするに、単純X線検査というのは、骨に異常がある箇所がないか、背骨の間隔や並びに異常がないかといったことを調べるのに役に立つというわけです。そのほかにも、腫瘍の大きさを確認することもできるので、画像診断の結果によって治療方法を決めていくのです。

視診・触診により検査法を判断する

診察の流れとしては、まずは問診が行われます。そのときに、どういった症状が出たのかを伝えることによって、視診と触診を行っていきます。視診と触診によって異常が起きている箇所に見当をつけて画像診断を行い、より正確な情報を確認することになるというわけです。

画像診断に関しては、必ず行われるわけではありません。診断をする最終的な段階で、もっと詳細な病状把握が必要だと判断されたときに行われるのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。